◎商売のことなら民商へ

 ごあいさつ

 西部民商会長の森雅欣(もりまさよし)です。
 中川民主商工会と中村民主商工会が合併して、「名古屋西部民商」となってから今年で8年目を迎えます。事務所も現在の中川区川前町に移転をして6年になります。

 この間、「景気は良くなっている」と政府は言っていますが、私たち中小業者の商売・暮らしが良くなった、豊かになったとの実感はありません。こんな時代だからこそ、中小業者が力を合わせて苦境を乗り越えていくことが大切だと思っています。

 

 西部民商は、経営対策に力をいれて『経営学習会』や『異業種交流会』などを開催して、お互いに商売の工夫や経営対策をどのようにしているのかを出し合い交流する中で、仕事の回しあいや仕事の紹介など民商の仲間同士のつながりを強めたいと思います。特に若い皆さんや独立開業して間もない皆さんの参加を強めたいと思っています。

 ぜひ、みなさんも民商の仲間に入ってください。心よりお待ちしています。

 西部民商は中川区又は中村区に自宅か工場、事務所がある従業員が9人以下の自営業者(会社も可)が加入している団体です。西部民商は会員の人たち(私たちは仲間とも呼んでいます)から会費を毎月頂いて、税金相談、経営相談、融資相談、申告相談などなど商売に関することなら何でも相談に乗り、仲間と一緒に解決をしている団体です。

 思想信条の自由は認められていますが、消費税増税やTPP参加など商売人にとって商売を守り、暮らしを守る上で有益でないことは、政府の方針であっても会として反対を表明して署名運動や国会請願行動などを進めています。
 今年も税務調査で3人の仲間が増えました。税務署員とどのように話をしたらよいのか?不安で困っているとのことでした。お住い・事務所の近くの仲間が相談にのり、税務調査にも立ち会って励まし一緒に頑張っています。

 困ったこと、悩んでいること、一人で悩まずに民商へご相談ください。